群衆の ざわめく中に 射放つや 青竹の矢は 天もとどろに

当加茂神社は、第70代後冷泉天皇の治歴2年、
現社地に京都の賀茂御姐神社(下鴨神社)のご神領・倉垣庄の総社として鎮祭された。
当時、平安時代の京都の文化が伝承され、今なおその多くの貴重な文化(神事)をそのままに伝承している。

新年慶賀祭(一月一日)

新年慶賀祭(一月一日)

射水市指定・無形民俗文化財「鰤分け神事」
平成十七年指定

加茂祭(五月四日)

加茂祭(五月四日)

富山県指定・無形民俗文化財
昭和四十二年指定

御田植祭(六月初卯の日)

御田植祭(六月初卯の日)

富山県指定・無形民俗文化財
平成六年指定

稚児舞(九月四日)

稚児舞(九月四日)

国指定・重要無形民俗文化財 
昭和五十七年指定

境内神社

  1. 貴布禰社

    貴布禰社(きふねしゃ)
    谷の龍神・闇龗神を祀り、祈雨、止雨を霊験あらたかな水徳の神様である。明治3年11月、旧社地・字若宮俗の貴布禰から移築された。例祭:8月1日

  2. 任海社

    任海社(とみしゃ)
    山上の竜神・龍神・高龗神を祀り、闇龗神と力を合わせて雨雪を降らせる水徳の神である。明治3年11月、旧社地・字太子太俗の宮門4511番地から移築された。例祭:8月1日

  3. 稲穂神社

    稲穂神社(いなほじんじゃ)
    明治25年9月、この郷が沼田から千田に切り替えられたことを記念して、氏子の有志によって、天照皇大神と豊受大神を祀り、五穀豊穣を祈って鎮座された。例祭:9月16日

PAGE TOP