EVENT

御田植祭(六月初卯の日)

富山県指定・無形民俗文化財 平成六年指定

御田植祭(六月初卯の日)

(富山県指定・無形民俗文化財 平成六年指定)
毎年六月初卯の日、午前十時から社頭の所定の場所に砂で畦を作った御田の仮神座に祭神「玉依姫命」一柱の出御を仰ぎ執行する、神社では「真菰の神」三組と「大男」一組を作る。宮司が田植え後、投与した「大男」や参拝者各自が作った「真菰の神様」は、家の神棚に祀り、稲の生育と年穀の豊饟を祈る。
田植神事の後、還御となり本殿祭が執行される。

PAGE TOP